ビジネス

世界初、レンチングがコットン製古着を原料にしたレーヨン繊維の量産に成功

 オーストリアのレーヨン最大手レンチング・グループ(LENZING GROUP)はこのほど、コットン製の古着を原料の一部にしたレーヨン繊維“テンセル(TENCEL)リヨセル”繊維の量産に成功したと発表した。これまで木材パルプを原料にしてきたが、繊維廃棄物を原料に使ったレーヨンの量産は世界初になる。

 同グループは9月、衣類の製造過程で出る綿の残布と純正木材パルプを混合して新しい“テンセルリヨセル”を生産する技術「リフィブラ(REFIBRA)」を発表していた。これは、綿の残布を最大30%配合できる技術で、今回の発表はその第2段階。30%のうちコットン製の古着を最大10%混合することができる技術だという。5年以内にリサイクル原料を50%にまで引き上げる考えだ。

 同グループの2018年度の売上高は21億8000万ユーロ(約2616億円)、レーヨンの生産能力はグループで約103万t。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。