ファッション

西武渋谷店にD2Cブランドを集約した新フロア 店舗業務は百貨店側が全て代行

 そごう・西武の西武渋谷店は9月、駐車場の「パーキング館」1階を改装し、D2Cブランドを集約したフロア「チューズベース シブヤ(CHOOSEBASE SHIBUYA)」を新たに設置する。店舗面積は約700平方メートル。同時にECサイトもオープンする。10代〜30代前半の「ミレニアル世代」や「Z世代」をターゲットに、彼らが興味を持つ社会課題に関わる商品などを、期間ごと入れ替わりで展開する。一方、出品者側には、資本や出店経験が乏しくても負担なく出店ができ、かつリアル店を出すメリットが享受できる仕組みを整えた。

 「メディア型OMOストア」をうたい、デジタルを活用した便利な買い物体験や情報発信に注力する。EC在庫は店頭在庫とリアルタイムで連動(一部を除く)させることで、客のニーズに合わせてさまざまな購入・受け渡し手段を用意する。「チューズベース シブヤ」専用に構築したスマホ用のウェブカタログは、購入やお気に入り登録などの機能も備える。その場で決済して店頭から持ち帰るだけでなく、自宅での購入から店頭受け取り、配送にも対応する。

 4月6日現在で約30社の出品が決まっている。カスタムオーダーウエアを展開するFABRIC TOKYOのウィメンズ専門の新業態「インセイン(INSEIN)」、カンカク(東京都港区、松本龍祐社長)の、一人一人に合わせてパーソナライズしたスムージーを提供する「テーラード スタンド(TAILORED STAND)」など、ファッションだけでなく雑貨、食などさまざまなカテゴリーのブランドを誘致する。

 出店者は商品をシステム上へ登録し、「チューズベース シブヤ」へ送るだけでよく、陳列や販促、在庫管理、売り上げ管理などの店舗業務はそごう・西武がすべて代行する。さらに出品者はECサイトの訪問・購買データ、店舗のAIカメラによる客の行動分析、ウェブカタログのログなどを自由に閲覧可能で、それらを元に販促やマーケティングに生かすことができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら