ファッション

「ザ・コンランショップ」が伊勢丹新宿本店5階にオープン 約100ブランド、2000点以上をそろえる

 ライフスタイルを提案する「ザ・コンランショップ(THE CONRAN SHOP)」が3月31日、伊勢丹新宿本店5階リビングフロア(以下、伊勢丹5階)にオープンした。同ショップは故テレンス・コンラン(Terence Conran)卿が1973年に英ロンドンに1号店を出店。世界中からセレクトしたモダンで彩豊かな家具や照明、インテリア小物などを販売している。

 伊勢丹5階の店舗は、新宿本店、丸の内店、岩田屋店に続く4店舗目。広々とした店内では、アイコニックな家具や照明を集めた“ファニチャー・ライティング”、テーブルウエアやキッチングッズをそろえる“キッチン・ダイニング”、クッションカバーやベースなどのインテリア小物の“ホームデコレーション”、シーズンごとにコーディネート提案をする“シーズナルプロモーション”の4つのゾーンで構成し、約100ブランド、2000点の商品を販売する。」「カール・ハンセン(CARL HANSEN)」「ヴィトラ(VITRA)」「ノル(KNOLL)」「フロス(FLOS)」「ルイスポールセン(LOUIS POULSEN)」など家具好きであれば、誰もが見たことがあるアイコニックな商品から、遊び心あふれるインテリア小物、オリジナルグッズなどを豊富にそろえる。

 また、三越伊勢丹オンラインストアでは2500点以上の商品をラインアップするとともに、チャットやビデオ接客を行う三越伊勢丹リモートショッピングでも販売し、シームレスな購入体験を提供する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら