ファッション

海外有力店バイヤーたちの評価は? 2021-22年秋冬ウィメンズ・コレクション

有料会員限定記事

 2021-22年秋冬シーズンも海外有力百貨店やセレクトショップの買い付けは大半がデジタルで行われた。やはり対面で実際に触れて買い付けたいという願いは圧倒的だが、デザイナーのクリエイティビティーを生かした発表方法や取り組みを評価する声もあった。バイヤーたちの心を捉えたブランドを紹介する。(この記事はWWDジャパン2021年3月22日号からの抜粋です)

【ニューヨーク】

■ノードストローム(NORDSTROM)
サム・ロバン(Sam Lobban)=デザイナー&新コンセプト担当シニア・バイスプレジデント

良かったブランド:「プロエンザ スクーラー(PROENZA SCHOULER)」「コリーナ ストラーダ(COLLINA STRADA)」「サンディー リアング(SANDY LIANG)」「4Sデザインズ(4S DESIGNS)」「トムボゴ(TOMBOGO)」

 デザインからコレクションの発表方法まで、多彩なクリエイティビティーが光るシーズンだった。「プロエンザ スクーラー」のインパクトあるコレクションに引かれ、「サンディー リアング」の遊び心あふれるフェミニンなクリエイションも楽しんだ。「エンジアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」で経験を積んだアンジェロ・ウルティア(Angelo Urrutia)による「4Sデザインズ」は、彼の人生経験を注ぎ込んだデザインで、ニューヨークで特別な立ち位置を示している。実際に洋服を見る体験に代わるものはないが、デジタルを介してファッションとどのようにつながりを生むかについて多くの工夫が見られた。

この続きを読むには…
残り3924⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら