ビジネス

カーボンニュートラル素材で目指す3つのリサイクル ユニチカのサステナブル事業が新展開

 繊維大手のユニチカグループとフランスのアルケマ(ARKEMA)グループは、炭素成分が100%植物由来の原料を使用したカーボンニュートラルのナイロン素材「キャストロン(CASTLON)」の包括的なリサイクルの取り組みをスタートした。

 「キャストロン」は、非可食植物であるヒマ(唐胡麻)の種子から抽出されるヒマシ油を原料としたバイオマス素材。軽量で、耐摩耗性、耐化学薬品性、寸法安定性に優れているのが特長だ。

 ユニチカは2007年から原料供給先であるアルケマとの取り組みをスタートし、ナイロン11繊維の開発を進めてきたが、今回はさらに協力関係を進化させ、サステナブルなプロジェクトを打ち出した。

 「キャストロン」のリサイクルの取り組みは主に3つ。原糸・生地の生産ロス品や使用済みのアパレル製品を回収し、新たな繊維製品を生み出すこと。また、新たにナイロン11のフィルムを展開し、原反などの生産ロス品や使用済み製品を回収し、繊維・フィルム・樹脂のバイオマス再生原料として使用すること。そして、樹脂加工プロセスで発生する生産ロス品を繊維・フィルム・樹脂のバイオマス再生原料として使用することだ。

 ユニチカは昨年4月から3カ年の新中期経営計画の主力事業の1つにサステナビリティの新事業推進を掲げ、繊維セグメントの衣料繊維もエコや環境配慮型素材の商品開発・拡販を重点戦略としている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら