ファッション

パリス・ヒルトンが「ランバン」の広告に登場 “元祖インフルエンサー”として

 フランス・パリ発のラグジュアリーブランド「ランバン(LANVIN)」は、アメリカの実業家やソーシャライトとして知られるパリス・ヒルトン(Paris Hilton)を起用した2021年春夏コレクションの新広告を発表した。ビジュアルは、1950年代のニューヨークで“スワン”と呼ばれた社交界の女性の写真が着想源になった。現代版“スワン”を“インフルエンサー”と捉え、元祖インフルエンサーであるパリスを指名。撮影は写真家のマート・アラス(Mert Alas)とマーカス・ピゴット(Marcus Piggott)が担当した。

 クリエイティブ・ディレクターのブルーノ・シアレッリ(Bruno Sialelli)は、「これまでとは異なる形でパリスをで表現したいと思った。長いブロンドヘアときらびやかなスタイルで知られ、“有名であることで有名”という元祖インフルエンサーの彼女の世界観から離れて、スワンに変身するような姿を見せたかった。スタイリングを削ぎ落として、彼女の自然な美しさを捉えることができた」と語る。

 パリスは「私は以前から『ランバン』のファンで、創業者のジャンヌ・ランバン(Jeanne Lanvin)を尊敬している。彼女は小さい店から130年後の今も存在するブランド、帝国を築き上げた。その企業家精神はとても素晴らしいと思う」とコメントした。

 昨年10月に上海の中国庭園ユーガーデン(豫園、Yu Garden)で発表された同コレクションは、歴史への敬意と同時に時代を反映し、過去を利用して未来を創造するという思いが込められている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。