ビジネス

しまむら最終利益が2倍に 21年2月期業績予想を上方修正

 しまむらは15日、2021年2月期連結業績予想を上方修正した。一連のMD改革が成果を上げたことに加えて、新常態で都心ではなく住まいの近くで衣料品を買う人が増えたことも追い風になった。コロナが本格化する前の20年2月期の実績も上回る。

 修正後の数値予想は、売上高が前期比3.9%増の5426億円(当初予想は5286億円)、営業利益が同65.4%増の380億円(同308億円)、純利益が同99.3%増の261億円(同192億円)とする。既存店ベースの売上高が前期比2.6%増と好調だった。MDの精度が高まったため値引きが抑制され、利益を大幅に底上げした。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら