ビジネス

田丸麻紀が“優しくあなたに寄り添う”服をプロデュース 「ネミカ」から新ブランド発売

 レリアンが手掛けるコンセプトストア「ネミカ(NEMIKA)」から、女優・モデルの田丸麻紀がプロデュースした新しいウィメンズブランド「ネミカ×ティードット(NEMIKA×T.)」が発売された。

 ⽥丸のライフスタイルから発想されたコレクションは着回しがしやすく、幅広いシーンで対応できるデザインが特徴で、30代後半から40代がターゲット。田丸はブランディングにあたって、「流行にとらわれず、ずっと優しくあなたに寄り添う、そんな洋服が作りたかった」とコメントしている。

 3月12日、東海地区に初出店した名古屋・星が丘店でのデビューイベントに出演した後、同日夜に行った東京・広尾の店舗でのインスタライブでは、「大人が着てもカジュアルになり過ぎないボーダーのシャツです」「このアシンメトリーなジャケットは、家で洗濯できます。カーゴパンツと合わせるとすてき」など、1点1点を丁寧に紹介しながらコーディネート術を話して作品への思いをアピール。また視聴者からの質問に答え、「朝のルーチンは瞑想です」「リラックスのために香りにこだわり、調香師と相談してオリジナルの香水を作っています」など自身のライフスタイルにも言及した。価格は、ワンピース4万7000円、スカート3万6000円、カーディガン3万2000円など。

 「ネミカ×ティードット」は「ネミカ」の広尾、星が丘、玉川高島屋ショッピングセンター南館の各店で発売されたほか、3月下旬からレリアンの約40店舗でも販売される。4月に第2弾の商品が発売予定だ。

 「ネミカ」はファッション、ローズ、アートを融合したライフスタイルを提案するコンセプトストアで、レリアンが2014年に1号店が広尾にオープンした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら