ファッション

「グッチ」は再び成長軌道に乗れるか 親会社CEOが不振の理由と計画を語る

有料会員限定記事

 2015年にアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)がクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、ブランドの刷新を行って破竹の勢いで成長してきた「グッチ(GUCCI)」神話に陰りが見えている。新型コロナウイルスによるパンデミックの影響は決して小さくないが、競合ブランドに比べると明らかに回復が遅れているようだ。親会社ケリング(KERING)の決算会見から、その原因と今後の方向性を探る。(この記事はWWDジャパン2021年3月1日号からの抜粋です)

 2020年10〜12月期(第4四半期)の「グッチ」の売上高は前年同期比13.5%減の22億8060万ユーロ(約2896億円)だった。グループの大黒柱の直近の前年同期比が、7〜9月期(同12.0%減)よりも割り込む結果となったことが影響し、決算発表当日のケリングの株価終値は前日から7.1%値下がりした。

 コロナ禍でロックダウンした都市もあったことを鑑みれば、前年同期の実績を割り込むことは当然かもしれない。しかし、先に決算を発表したライバルのLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン (LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)は、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ディオール(DIOR)」がけん引し、ファッション・レザーグッズ部門の10~12月期の売上高は同14.2%増の72億7300万ユーロ(約9236億円)と2ケタ増をマーク。同9.1%増だった7~9月期を大幅に上回る成長率だったことを考えると、「グッチ」の苦戦ぶりが際立つ。なお、エルメス(HERMES)も10〜12月期は同12.3%増だった。

 バロック風かつ両性具有なコレクションでミレニアル世代の共感を集めた「グッチ」の求心力が落ちているのだろうか?10〜12月期は地域別では、日本を除くアジア太平洋地域は中国と台湾がけん引して同8%増、北米も同13%増だったものの、西欧は同45%減、日本は同20%減だった。

この続きを読むには…
残り2106⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら