ファッション

「ボッテガ・ヴェネタ」が中国向けSNSウェイボーのアカウントも削除 インスタに続いて

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」が2月24日にウェイボー(Weibo)の公式アカウントを削除したことが判明した。同アカウントのフォロワー数は27万だった。

 同ブランドは1月にも250万フォロワーを有し、190万にも及ぶ投稿を行ってきたインスタグラムのアカウントが突如削除されたことで話題になっていた。

 ブランドとしてはSNSを削除したことに関して一貫して沈黙を守っているが、親会社ケリング(KERING)のフランソワ・アンリ・ピノー(Francois Henri Pinault)会長兼最高経営責任者(CEO)は、2月17日の決算会見の中で「SNSの世界から消えるわけではなく、SNSを異なる方法で使用しているにすぎない。アンバサダーやファンがさまざまなSNSでブランドについて発信するために『ボッテガ・ヴェネタ』は必要な素材を提供し、自分たちが発信するのではなく彼らに代弁してもらうことに注力することを決めた」とコメントし、この戦略は効果が表れていると説明した。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。