ビューティ

オーガニックコスメ「ビー」刷新 再生容器や認証取得

 健康食品や美容製品などの企画販売を行うBeは4月22日、オーガニックコスメ「ビー(BE)」をリニューアルする。18年のブランド誕生以来初の刷新となる。

 同ブランドは自然由来成分を配合したスキンケアとインナーケア、ボディー・ヘアケアをそろえ18年7月に誕生した。アクティブワーカーを対象にミニマル(合計13品)なアイテムを展開する。20年7月には東急プラザ銀座に直営店をオープンしたほか、オーガニックコスメのセレクトショップや百貨店の催事などで知名度を高めてきた。

 新生「ビー」は、エコサートコスモス認証をスキンケアとボディー・ヘアケア製品で取得。インナーケアも新たな成分を加えパワーアップした。「国産オーガニック、アクティブワーカー支援、サステナブルを軸に刷新した。パッケージから成分まで自信作が完成した」と稲垣大輔Be社長は語る。製品はベーシック&シンプル、3プッシュ・3粒、ジェンダーレスにこだわる。

 スキンケアには、国内で栽培された有機JAS認定のハーブを多用。さらにオリジナル原料の発酵粕エキスを共有成分とした配合した。洗顔料、化粧水、美容液、クリームをそろえる。

 ボディー・ヘアケアは、シリコーンや鉱物油、石油系海面活性剤、合成香料、紫外線吸収剤、パラベン、フェノキシエタノールを使用せず、ヤシ由来の成分をベースに使用感の良さを高めた。シャンプー、トリートメント、ボディーソープを扱う。

 インナーケアは、ナチュラル素材で体にやさしいエナジードリンク、青汁、錠剤サプリメント(4種)を扱い、高麗人参やGABAなどアイテム別に成分を新たに加えた。

 パッケージは環境配慮にこだわり、スキンケアのボトルにメカニカルリサイクルペットボトルを使用。外装はFSC認証紙やベジタルインクを採用した。

 今後もブランドを通じて「有機農地の拡大に貢献する。積極的に行動することで社会をかえていく」と稲垣社長は力強く語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら