ファッション

「ナイキ」×「レディメイド」の“ブレーザー” DIYをテーマにクラシックなバッシュを再構築

 ナイキ(NIKE)は「レディメイド(READYMADE)」とコラボしたスニーカー“ブレーザー MID”を2月27日に発売する。ブラックとホワイトの2色展開で、価格は1万7500円。ナイキのスニーカー専用アプリ「スニーカーズ(SNKRS)」とナイキラボMA5、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、「レディメイド」の正規取扱店で販売する。

 特徴的なソールの形状は、人の手の温かみを感じられるように粘土でサンプルを作成した。1971年当時使われていた細く長いスウッシュを採用し、アウトソールには製造過程から出るゴミなどをリサイクルした素材を15%使用する。「レディメイド」の細川雄太デザイナーは「DIYをテーマに“ブレーザー”を一から手作業で解体し、“ブレーザー”本来のDNAを壊さないように再構築した。子供の頃から好きなバスケットボールを象徴するクラシックなシューズをどこまで新しく生まれ変わらせられるか挑戦したかった」とコメントしている。

 WWDジャパン2月1日号の「レディメイド」特集では、細川デザイナーにインタビューを行い、スニーカーの誕生秘話や制作背景を詳しく紹介している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら