ファッション

人気美容師の浦さやか&内田聡一郎とスケルトンシザーケース「ハイン トーキョー」とのコラボが実現

 クリア素材の透明なシザーケースを展開し、話題となりつつあるブランド「ハイン トーキョー(HYNE TOKYO)」。同ブランドと人気美容室「クク(QUQU)」とのコラボレートが実現し、2月15日に“クク別注モデル”(1万5000円)が登場した。

 美容師の必須アイテムであるシザーケースは革製が一般的だが、クリア素材を使っている点が「ハイン トーキョー」の最大の特徴。中にセットするシザーホルダーのカラーを自由に組み合わせることができ、現在は726通り以上のカスタムが可能だ。

 「基本モデルは先端が細くなっているが、私は首から掛けてポシェットのように使っているので、よりポシェットに近いかわいいスクエア型にデザインした。ストラップのカラーもネオンオレンジ、ミントグリーン、ピンクという『クク』らしい限定3色を用意した」と浦さやか「クク」代表は話す。

 共同代表を務める内田聡一郎代表も「『クク』のオープン時から考えていたコラボで、双方のブランディングにもつながる面白い取り組みだと思う。あと実用的な面でいうと、解体して、洗剤を使って丸洗いできることも大きな特徴。価格も比較的リーズナブルなので、若手の美容師たちも使ってくれるとうれしい」とコメントしている。

 同製品は既に人気となっていて、ヘアメイクアーティストやファッションスタイリスト、トリマー、さらには植木職人からもオーダーが入っているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら