ファッション

「オリエンタルトラフィック」のダブルエーが医療従事者に5万足のスニーカーを提供

 婦人靴ブランド「オリエンタルトラフィック(ORIENTAL TRAFFIC)」を運営するダブルエーは、コロナ禍で働く医療従事者に向けて5万足のスニーカーを提供する。今回は医療従事者支援企画の第2弾。第1弾として2020年5月に1万足の提供を呼びかけたところ、2万2804件の応募があったという。

 対象商品はスニーカーブランド「オーアールティーアール(ORTR)」のニットスニーカーや切替ジョグスニーカー、コートソールスニーカーの3型で、通勤や仕事でもはける軽量でクッション性のあるモデルから22.0〜26.0cmのサイズをそろえる。応募は2月21日まで「オリエンタルトラフィック」公式オンラインストアの特設ページから受け付け、5万足以上の応募があった場合には抽選での発送となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら