ファッション

シューズの「ダイアナ」、医療従事者や運送業者、スーパーなどの小売業者へスニーカー1000足を提供

 シューズメーカーの「ダイアナ(DIANA)」は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、エッセンシャルワーカー(医療従事者、運送業者、公共交通機関の職員、スーパーやドラッグストアなどの小売業者、電気ガス水道などのインフラ業者ら)にスニーカー1000足を無償で提供する。

 対象品はウィメンズのスニーカーで、サイズは21.5~25.5cmで白とピンクの2色を用意。必要とするエッセンシャルワーカーはブランド公式サイトの応募フォームから申請ができ、受付期間は6月9~15日まで。発送は7月上旬を予定する。

 同社は「私たちが日常生活を送る上で欠かせない仕事に担ってくださっているエッセンシャルワーカーの皆さまに心より感謝申し上げます。少しでも気分が和らぎ、新しい日常への糧となれば幸いです」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら