ファッション

シューズの「ダイアナ」、医療従事者や運送業者、スーパーなどの小売業者へスニーカー1000足を提供

 シューズメーカーの「ダイアナ(DIANA)」は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、エッセンシャルワーカー(医療従事者、運送業者、公共交通機関の職員、スーパーやドラッグストアなどの小売業者、電気ガス水道などのインフラ業者ら)にスニーカー1000足を無償で提供する。

 対象品はウィメンズのスニーカーで、サイズは21.5~25.5cmで白とピンクの2色を用意。必要とするエッセンシャルワーカーはブランド公式サイトの応募フォームから申請ができ、受付期間は6月9~15日まで。発送は7月上旬を予定する。

 同社は「私たちが日常生活を送る上で欠かせない仕事に担ってくださっているエッセンシャルワーカーの皆さまに心より感謝申し上げます。少しでも気分が和らぎ、新しい日常への糧となれば幸いです」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら