ニュース

アディダスが新型コロナ禍で奮闘する医療従事者らに向けた活動をスタート 

 アディダスジャパンは、新型コロナウイルス感染症の影響禍の最前線で奮闘しているエッセンシャルワーカー(医療従事者、公共交通機関の職員、配達員など)を支援する活動として、アディダスの公式アプリを使用した「ホームチームヒーロー チャレンジ(#HOMETEAMHERO Challenge)」を5月29日〜6月7日に実施する。“スポーツを通して、私たちには人々の人生を変える力がある”という信念のもと、スポーツブランドとしてできることを考え、さまざまなアスリートやパートナーのサポートを得て実施していくという。

 「ホームチームヒーロー チャレンジ」は、ランニングや毎朝のヨガ、腕立て伏せ、スクワットなどでユーザーが体を動かし、その動きや運動時間をアディダスの公式アプリ「アディダス ランニング(ADIDAS RUNNING)」や「アディダス トレーニング(ADIDAS TRAINING)」などで計測するプロジェクト。期間中は、その計測値の1時間につき1ドル(107円)をアディダスが「COVID19Fund(WHOに寄付するための新型コロナウイルス感染症対応連帯基金)」に寄付する。全世界で合計100万時間の達成を目標に、最大100万ドル(約107億円)の寄付を目指す。

 また公式アプリ「アディダス トレーニング」には、独・ブンデスリーガのFCバイエルン・ミュンヘン(FC BAYERN MUNCHEN)所属、ダヴィド・アラバ(David Alaba)選手、ウルトラマラソン・ランナーのサブリナ・スタンリー(Sabrina Stanley)選手、ラグビー・ウェールズ代表のジョージ・ノース(George North)選手ら、トップアスリートが指導するガイド付き練習方法を提供している。

新型コロナウイルスの最新記事はこちらから