ファッション

花王が医療機関に「めぐりズム」などを無償提供 医療従事者へのメッセージも募集中

 花王は医療従事者に向けて、同社の製品セットを無償で提供する。新型コロナウイルス感染症受け入れ医療機関の約1500を対象に申し込みの案内を開始しており、同時に製品に同封する医療従事者へのメッセージも募集している。

 製品セット提供の活動は、「ひとびとの暮らしのきれいを守る」ことを目的とする花王が推進する横断プロジェクト「プロテクトJAPAN」の一環。昨年4月にも実施し、これまで466医療機関、約4万人の従事者に製品を提供した。2回目の今回は1機関につき最大100セットを提供する。全国の対象機関に花王から直接案内状を送付しており、1月28日までに申し込みのあった機関に2月初旬から順次、製品提供を行う。

 提供する製品は「めぐりズム」「バブ」「キュレル」「アトリックス」など花王グループの製品3~4品。現在、医療従事者へのメッセージは、コミュニティウェブサイト「Kao PLAZA」で受け付けている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら