ファッション

キム・ジョーンズ加入後初の「フェンディ」やアルベール・エルバスの新ブランドも参加 クチュール2021年春夏スケジュール

 フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会(Federation de la Haute Couture et de la Mode)は、1月25〜28日に行う2021年春夏オートクチュール・ファッション・ウイークのスケジュールを発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、前回に続きデジタルと無観客ショー形式での開催となる。

 目玉はキム・ジョーンズ(Kim Jones)が新ウィメンズ・アーティスティック・ディレクター就任後初の「フェンディ(FENDI)」だ。ジョーンズはブランドのアーティスティック・ディレクターを務めるシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)と、シルヴィアの娘でジュエリーを担当するデルフィナ・デレトレズ・フェンディ(Delfina Delettrez Fendi)とともに手掛けたコレクションを、パリ旧証券取引所からライブ配信で披露する。

 ゲストメンバーとして初参加するブランドにも注目。「ランバン(LANVIN)」のアーティスティック・ディレクターを14年間務めたアルベール・エルバス(Alber Elbaz)による新ブランド「AZファクトリー(AZ FACTORY)」のほか、23歳のフランス人デザイナーのシャルル・ドゥ・ヴィルモランによる 「シャルル ドゥ ヴィルモラン(CHARLES DE VILMORIN)」、現代美術家のスターリング・ルビー(Sterling Ruby)が手掛ける「スターリング ルビー スタジオ. LA. CA.(S.R. STUDIO. LA. CA.)」なども期間中にコレクションを披露する。また日本からは「ユイマナカザト(YUIMA NAKAZATO)」が継続して参加する予定だ。

【ショースケジュール】(日時はすべて現地時間。変更の場合あり)

1月25日(月)
10:00 「スキャパレリ(SCHIAPARELLI)」
11:00 「ウリヤナ・セルギエンコ(ULYANA SERGEENKO)」
12:00 「イリス ヴァン ヘルペン(IRIS VAN HERPEN)」
13:00 「ジョルジュ オベイカ(GEORGES HOBEIKA)」
14:30 「ディオール(DIOR)」
17:00  「アザロ(AZZARO)」
18:30 「ドレス・バイ・ジュリー・ドゥ・リブラン(DRESS BY JULIE DE LIBRAN)」
19:30 「ジャンバティスタ ヴァリ(GIAMBATTISTA VALLI)」

1月26日(火)
13:00 「アレクシ・マビーユ(ALEXIS MABILLE)」
13:30  「ステファン ローラン(STEPHANE ROLLAND)」
14:00 「シャネル(CHANEL)」
15:00 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」
16:00 「ジュリアン フルニエ(JULIEN FOURNIE)」
16:30 「アレクサンドル・ヴォチエ(ALEXANDRE VAUTHIER)」
18:00 「ロナルド・ファン・デル・ケンプ(RONALD VAN DER KEMP)」
19:00 「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」
20:00 「AZファクトリー(AZ FACTORY)」

1月27日(水)
10:00 「メゾン マルジェラ “アーティザナル” デザインド バイ ジョン ガリアーノ(MAISON MARGIELA 'ARTISANAL' DESIGNED BY JOHN GALLIANO)」
11:00 「フランク ソルビエ(FRANCK SORBIER)」
13:30 「エリー サーブ(ELIE SAAB)」
14:30 「フェンディ(FENDI)」
16:00 「ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)」
17:00 「ズハイル・ミュラド(ZUHAIR MURAD)」
18:00 「シャルル ドゥ ヴィルモラン(CHARLES DE VILMORIN)」

1月28日(木)
10:00 「アガノヴィッチ(AGANOVICH)」
11:00 「ユイマ ナカザト(YUIMA NAKAZATO)」
12:00 「クリストフ ジョセ(CHRISTOPHE JOSSE)」
13:00 「アエリス(AELIS)」
14:00 「ラウル ミシュラ(RAHUL MISHRA)」
15:00 「イマン エイシ(IMANE AYISSI)」
16:00 「S.R. スタジオ. LA. CA.(S.R. STUDIO. LA. CA.)」

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら