ファッション

「フェンディ」と「アンリアレイジ」のコラボアイテムが発売 太陽光で柄が浮き出る特殊加工

 「フェンディ(FENDI)」は、2020-21年秋冬メンズ・コレクションのショーで披露した「アンリアレイジ(ANREALAGE)」とのコラボレーションアイテムを1月7日に「フェンディ」の直営店と公式オンラインストアで発売した。

 スポーツに着想したジャケット(58万円)やジレ(25万4000円)、スエット(11万5000円)、ハット(7万2000円)、アイコンバッグの“ピーカブー”(68万円)などをそろえる。太陽光にあてると同ブランドの新たなモチーフが浮き出るフォトクロミック技術が全アイテムに採用されている。この技術は森永邦彦「アンリアレイジ」デザイナーが13年にファッションに応用したもので、今回の協業を通じて「フェンディ」の“ものごとは見かけ通りではなく、常に発見するものがある”というアイデンティティーを発信する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら