ファッション

名門VCのセコイア・チャイナがメンズブランド「アミ」を買収

 投資会社のセコイア・キャピタル・チャイナ(SEQUOIA CAPITAL CHINA以下、セコイア・チャイナ)が、ファッションブランド「アミ アレクサンドル マテュッシ(AMI ALEXANDRE MATTIUSSI以下、アミ)」の株式の過半を取得した。「アミ」は気鋭のメンズブランドで、2019−20年秋冬からはウイメンズもスタートしていた。サンフランシスコに本拠を置くセコイアはIT系のベンチャーキャピタル(VC)としてはよく知られた存在で、セコイア・チャイナも多くのIT系のスタートアップに投資を行っている。買収額などは非公開だが、「アミ」はセコイア・チャイナの買収により、デジタルと中国展開を強化するようだ。

 「アミ」の2020年の売上高は前年比1.5倍の約5000万ユーロ(約63億円)で、現在直営店はパリ、ロンドン、東京、北京、上海、成都に8店舗、卸先は360店舗。現在直営店のない米国市場を強化するため、NYとLAで直営店を検討しているという。

  アレクサンドル マテュッシ社長兼クリエイティブディレクターは引き続き現職にとどまり、クリエーションにセコイア・チャイナはタッチしないという。また、残りの株はマテュッシとニコラス・サンティ・ウェイル(Nicolas Santi-Weil)CEOが保有する。サンティ・ウェイルCEOによると、もともと「アミ」はデジタルに強く、売上高全体のEC化率は27%に達しており、有力なネット通販サイトでパートナーシップを結んでいる英マッチズファッションドットコム(MATCHESFASHION.COM)や「エッセンス(SSENSE)」との取り組みもあって、特に卸では40〜45%に達しているという。

 アリババやテンセント、「TikTok」のバイトダンス、JDドットコムへの投資で知られるセコイア・チャイナは、資本だけでなく、テクノロジーとリテールテックの分野でサポートする考えで、ニール・シェン(Neil Shen)=セコイア・チャイナ マネジングパートナーは「デザイナーブランドの世界市場での存在感を高めたい。もう1つの大きな目標はラグジュアリー産業をDXにより、次のレベルに引き上げることだ」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら