ビジネス

YNAPの新CEOに元ボーム&メルシエCEO、創業者のマルケッティは会長に

 ラグジュアリーコングロマリットのコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)は、「ユークス(YOOX)」「ネッタポルテ(Net-a-porter)」を運営する、傘下のイタリアのネット通販サイト大手ユークス ネッタポルテ(YNAP)の新たなCEOに、デジタル担当役員を務めるジョフロワ・レフェーヴル(Geoffroy Lefebvre)を任命した。来年1月4日付に就任する。創業者でCEOのフェデリコ・マルケッティ(Federico Marchetti)は会長に就く。リシュモンは11月5日に、YNAPのライバルで米ナスダック上場のファーフェッチに5億5000万ドル(約572億円)の出資を発表していた。

 YNAPのレフェーヴル新CEOは、経営コンサルティング大手のマッキンゼーを経て、9年前ににリシュモングループに入社。「ジャガー・ルクルト(JAEGER LECOULTRE)」のデュプティCEO、「ボーム&メルシエ(BAUME&MERCIER)」のCEOを務め、昨年からはデジタル担当の役員を務めていた。

 一方マルケッティ会長はアントレプレナーとしての経験を生かした活動を開始しており、今年7月には、一族以外では初のジョルジオ アルマーニ社の社外取締役に就任していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら