ファッション

小泉環境大臣×ダヴー ケリングCSO 政治と産業の協業を模索する対談全文【サステナビリティ サミットVol.1】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は12月1日、サステナビリティとファッションの未来をテーマに掲げるオンラインイベント「WWDジャパン サステナビリティ サミット」を開催した。3部で構成し、セッション1では小泉進次郎環境大臣とサステナビリティの先進企業ケリングのマリー・クレール・ダヴー(Marie-Claire Daveu)=チーフ・サステナビリティ・オフィサーを招き、日本とフランスのファッションビジネスにおける課題や行政と産業の協業の可能性を語り合った。ファシリテーターは、サステナビリティのエキスパート、日比保史コンサベーション・インターナショナル・ジャパン代表理事だ。

日比保史コンサベーション・インターナショナル・ジャパン代表理事(以下、日比):大臣は着任当初から、環境省は社会変革省だとおっしゃっています。そしてこのたびファッションタスクフォースも立ち上げたとのこと。環境省でファッションに取り組むのは、社会変革を進める一環でしょうか。

小泉進次郎環境大臣(以下、小泉):そうですね。政治とファッションは結び付かないと思われていたところが、サステナビリティが問われる時代にとうとうつながりました。マリー・クレールさんにはまず、日本で今、サステナビリティ、そして、グリーンリカバリーが本格的に動きだしたことをお伝えしたい。昨年9月に環境大臣に就任してからずっと日本でのカーボンニュートラルの機運を高めたく取り組んできましたが、先月、菅総理によって2050年までのカーボンニュートラルが宣言をされ、これからの政治の柱に、グリーンとデジタルが位置付けられました。環境大臣の私が、なぜ今日ケリングさんにお邪魔をして、マリー・クレールさんと話をしているかというと、これから日本のファッションがサステナブルにならなければ、日本のカーボンニュートラルを2050年までに実現することはできないと思うからです。今日はマリー・クレールさんから、日本が学ぶべきファッション業界の変革を学びたいと思います。

この続きを読むには…
残り9141⽂字, 画像5枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら