ファッション

「バーバリー」が若者の夢を称える新キャンペーン公開 若者支援に取り組む慈善団体に寄付も

 「バーバリー(BURBERRY)」はこのほど、“コミュニティー”をテーマにした新キャンペーンを公開した。先日パートナーシップを締結したイングランド代表サッカー選手で活動家のマーカス・ラッシュフォード(Marcus Rashford)も登場するほか、キャンペーンの一環として世界各地で若者支援に取り組む慈善団体に寄付を行う。

 ビジュアルはラファエル・パヴァロッティ(Rafael Pavarotti)が撮影し、ファッション、ダンス、スポーツの要素を掛け合わせ、ダイナミックで自由なブランドの世界観を表現した。アイテムは「バーバリー」のアイコニックなアウターウエアやトレンチコート、ダイヤモンドキルトのジャケット、リサイクルナイロン製のフーデッドパッファージャケット、アーカイブにインスパイアされたポケットバッグなどをフィーチャーした。キャンペーンフィルムは、クリエイティブ集団のメガフォース(Megaforce)が手掛けた。

 リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)=チーフ・クリエイティブ・オフィサーは「今回のキャンペーンは、前を向き未来を見据えることがコンセプトだ。若いエネルギーにインスパイアされ、異なる才能を持つ人々が一体となり、世界が一つになる様を描いた。情熱、コミットメント、そして愛を通して一つになり、若い人々の夢を称え、前進していくことを表現した。またマーカス・ラッシュフォードとの取り組みをベースに、このキャンペーンでは真の自由、そして未来を切り拓いていくことも表現した。限界や可能性を押し広げるためには、大胆不敵なスピリットや想像力が必要だ。それがまさに 『バーバリー』の精神だ」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら