ファッション

白スニーカーの次は白ブーツ! 秋冬コーデが軽やかな印象に

 白ブーツの人気がじわじわ広がっています。もはや“白スニーカー”の次といった感じで、この秋冬はさらに広がる気配。支持される理由は、今の時代に望まれる清潔感やフレッシュさを印象づけやすいのに加え、冬ルック特有の重たさを遠ざけられるから。今回は有力ブランドによる白ブーツの提案をスタイリング別に集めてみました。

 「レキサミ(REKISAMI)」は、カットワークレースのサックドレスに白ブーツを合わせてクラシック&フェミニンのコーディネートに。クールな白ブーツが芯の強さも感じさせます。白を生かせば、軽やかに見せたりパンツルックを格上げしたりとアレンジパターンが増やせそう。提案の豊作ぶりも白ブーツブームを証明しています。

ボリュームを削いで軽やかな印象に

 秋冬はレイヤードが楽しめるシーズン。重ね着でボリュームを出しつつもクリーンなムードを出したいときに、アイキャッチーな白ブーツはいい仕事をしてくれます。

 ロングシャツにニットポンチョを重ねた「アメリ(AMERI)」流のスーパーレイヤード。さらにワイドパンツも投入してボリュームを出しつつも、ポンチョやパンツとリンクした白ブーツのおかげで凛とした雰囲気に仕上がりました。

 白は膨張色といわれますが、靴に関して言えば、すっきり見せてくれるメリットのほうが大きそう。2枚目写真の「ジェーン スミス(JANE SMITH)」は、ロングスカートの上から羽織ったボアコートがコーデの主役。見るからにあたたかそうな風合いと着丈ですが、過剰にモコモコして見えないのは、白ブーツのお手柄です。

パンツルックの脱マンネリ

 防寒面からも冬はパンツの出番が増えます。スタイリッシュな印象を与えるうえでも、白ブーツは絶好の相棒です。

 アウターでかさばって見えがちなときに白ブーツを投入すれば、重たさを削ぐ効果が期待できそう。白ならではのピュア感や上品さが備わるのも魅力。ロング丈のパンツやスカートとのコンビネーションで、縦長イメージを強める使い方が効果的です。

 2枚目の写真「レンズ(LENZ)」は、どちらもベージュ系でそろえたシャツとパンツのセットアップ風ルックに白ブーツをスタイリング。パンツの裾下から白い爪先だけをチラ見せしています。白スニーカーに比べると、足元にシャープさを演出できるのも利点と言えます。

ロマンチック×ハンサム ブーツインですっきりしたレッグラインに

 パンツの裾をロングブーツにインすれば、さらに白ブーツの魅力を生かせる着こなしに。レッグラインがシャープに映るのに加え、ブーツの見える面積が広がることでホワイトの主張が際立ちます。

 「ポステレガント(POSTELEGANT)」は、白パンツ×白ロングブーツですがすがしい装いにまとめました。オールホワイトの着こなしですが、異素材ミックスで適度な“ずれ感”が生まれ、どこかロマンチックでハンサムなパンツコーデの出来上がり。

 2枚目の「ヨウヘイ オオノ(YOHEI OHNO)」はベージュ系のスリムパンツを白ブーツにイン。“細×細”の相乗効果が生きてスリム効果もアップ。パンツスーツを意外性のある着こなしにアップデートさせたいときにうってつけです。

 重ね着でふくれがちな冬コーデからかさばり感を削ぎ落としてくれる白ブーツは、これからのシーズンの重宝アイテム。今の時代に求められる清潔感も漂わせやすいので、手持ち服との相性を試してみてはいかが。

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら