ファッション

バレリーナがデザイナーになるまで 幾左田千佳の「レキサミ」が10周年

 ファッションデザイナーの幾左田千佳が手掛けるウィメンズブランドの「レキサミ(REKISAMI)」が10周年を迎えた。元バレリーナの経歴を生かし、「レキサミ」と自身の名前を冠したブランド「チカ キサダ(CHIKA KISADA)」を手掛け、2016年秋からは毎シーズン、ゴールドウインの「ダンスキン(DANSKIN)」とカプセルコレクションを発表している。「ダンスキン」とのコラボは17-18年秋冬で3シーズン目を迎えるが、昨シーズンは売上目標を倍で達成する好調ぶりだった。

 また昨秋には、「チカ キサダ」が、世界で活躍するファッションデザイナーを輩出するプロジェクト第3回「東京ファッションアワード」の6ブランドのうちの1ブランドとして選出された。アワードの受賞特典として、今年3月に「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」で「チカ キサダ」の初のファッションショーを開催した他、パリでメンズ・ファッションウィーク期間中に海外展示会へ参加し「チカ キサダ」を中心に海外への販路拡大を目指す。

活躍が目覚ましい幾左田デザイナーに、バレリーナからデザイナーへ転身するまでの話や、今後の目標などを聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):プロのバレリーナとして活躍されていた?

幾左田千佳「レキサミ」「チカ キサダ」デザイナー(以下、幾左田):小学生の頃から、子役としてオーケストラが演奏する舞台を経験してきました。地方公演に行くことも多く、学校の修学旅行とは違う楽しさを味わいながらも、“仕事をしている”という緊張感や責任感も味わいました。大きな舞台に出るためには大会で好成績を残すことが大切で、常にコンクールのことを考えて練習に励んできました。実家には当時獲得したトロフィーがたくさん飾られているので、帰省するたびに「バレエではこれだけの成績を残してきたんだから、ファッションでも頑張らなきゃね」と、親からプレッシャーを与えられています(笑)。

WWD:いつからファッションを意識し始めたか?

幾左田:子どもの頃は、バレエを踊ることにしか興味がなかったです。高校生時代にアニエスベー(AGNES B.)」や「ソニア リキエル(SONIA RYKIEL)」がバレリーナ友達の中で流行っていて、その頃からヨーロッパのファッションを知りました。横浜に住んでいたので、街には古着屋が多くあり、レースが付いたヨーロッパ古着を買い漁っていました。次第に部屋が古着屋のような匂いになってきて、親に叱られていたこともありました(笑)。

WWD:デザイナーになったきっかけは?

幾左田:バレエに集中していた18歳のある日、心がポキっと折れてしまったんです。厳しいトレーニングの中、食事制限でご飯が食べられなくなって「こんなストイックにやらなきゃいけないのかな?」と、バレエへの反骨心が生まれました。そしてバレリーナをやめてから、ファッションを仕事にしたいと思い、現在の会社(エルバグース)に入社しました。初めの約6年は、カジュアルブランドの営業担当として働いていたのですが、会社の規模が小さく、自由に意見を言える環境でした。そして、当時デザイナーだった社長の奥さまから「バレリーナの経験を生かして、企画をやったら面白い発想がでてくるんじゃないか」と誘ってもらいました。私は服飾の専門学校を通っていなかったので、迷いはありましたが、「専門学校で学ぶだけの知識は全て教えられる」と背中を押してもらい、彼女の元で修行が始まりました。しばらくして、師匠が病気で他界されてしまい、一人ぼっちになってしまったのですが、そこからは独学でデザインの勉強をスタートしました。