ファッション

「ダンスキン」が「レキサミ」デザイナーを起用したカプセルコレクションを発売

 ゴールドウインの「ダンスキン(DANSKIN)」は、ウイメンズブランド「レキサミ(REKISAMI)」の幾左田千佳デザイナーが手掛けるカプセルコレクションを発売する。世界中のダンサーから支持を得てきた「ダンスキン」と、バレエダンサーとしての経験をもつ幾左田デザイナーが、バレエという共通の背景をもとにコレクションを制作。ギャザー使いで背中部分にボリュームを出したブルゾン(3万5000円)や、チュールを重ねたTシャツ(1万8000円)、リブをフリルのように見せたスエット(1万8000円)など、"エレガント"をキーワードに、機能素材とフェミニンなディテールが融合したウエアがそろう。

 発売は9月予定しており、今年4月に東京・外苑前にオープンしたゴールドウインの新業態ニュートラルワークス.トーキョーや、サタデイ・イン・ザ・パーク、伊勢丹新宿店、イエナなどで取扱う。

大塚千践

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら