ファッション

「ダンスキン」カプセルコレクション好調で生産量を倍増

 ゴールドウインの「ダンスキン(DANSKIN)」は2017年2月末、ウイメンズブランド「レキサミ(REKISAMI)」の幾佐田千佳デザイナーによるカプセルコレクションの第2弾を発売する。16年9月に発売したデビューコレクションは、販売開始から1カ月で全体の65%を販売。中でも3万円台のジャケットの消化率は95%と好評だった。これまで販売はゴールドウインが手掛けるサタデイ・イン・ザ・パークやニュートラルワークス.トーキョー、百貨店がメーンだったが、今後は生産量を倍にしてウイメンズ系セレクトショップに拡販する。

 幾佐田デザイナーは「前回に比べ、さらに機能性を意識している。スポーツメーカーならではの高機能素材に、『レキサミ』定番のチュール使いなどを組み合わせた。ファーストシーズンはモノトーンだったが、春夏らしい軽さを出すためブルーやピンクも加えた」と話す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら