ファッション

ゴールドウインが羽毛に代わるリサイクル素材を開発

 ゴールドウインは、羽毛に代わるリサイクル新素材“エナジーコクーン(ENERGY COCOON)”を開発し、2021年秋冬シーズンから同社の「ダンスキン(DANSKIN)」「エレッセ(ELLESSE)」「カンタベリー(CANTERBURY)」「ブラックアンドホワイト(BLACK&WHITE)」の一部の製品に採用した。22年秋冬シーズンに向け、素材の改良を進めて採用ブランドを増やす予定だ。

 “エナジーコクーン”は、リサイクルポリエステルを原料とする2種類の大きさが異なる粒わたで、同社が出願中の特許技術でダウンに近い風合いや膨らみを実現した。一般的な粒わたと比べて塊になりにくい点や、繊維内に練りこんだ光電子の遠赤外線効果で温かい点も特徴だ。また、リサイクル製品の国際認証であるGRS(GLOBAL RECYCLE STANDARD)認証を取得している。重量は通常の羽毛の約1.5倍で、今後は充填重量を少なくするための、フィルパワー(かさ高性)の改善がポイントとなる。

 同社は、気候変動問題の解決と持続可能なビジネスの再構築を図る長期ビジョン“PLAY EARTH 2030”を掲げ、30年までに環境負荷低減素材を使用した製品の比率を90%にあげることを目指す。羽毛は焼却処分する際に二酸化炭素が発生することから、同社は廃棄ダウンウエアを回収し、羽毛を洗浄して再利用する循環の取り組みを推進している。“エナジーコクーン”は、天然動物由来の羽毛に代わる素材として18年から開発を進めてきた。同社広報担当者によると、30年に向けて再生ダウンへの切り替えを進め、羽毛の使用は段階的に削減していく方針だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら