ファッション

サテンの艶めきを普段使い 異素材ミックスで脱フォーマル

 艶めいたサテン生地はフォーマルドレスのイメージが強い素材ですが、日常の装いに生かすスタイリングが盛り上がってきました。パンツやフリースといった雰囲気の異なる素材・アイテムと合わせて普段の着こなしにシャイニー感を取り入れると、こなれた着映えに整えられます。春夏と比べるとかさばりやすい秋からの装いに、サテンならではの落ち感や気品を添えるミックスコーディネートは魅力がいっぱいです。

 「アンテプリマ(ANTEPRIMA)」は、ストライプのサテンシャツワンピースからスリップをチラ見せするコーデを披露。ゆったりしたピンクベージュのパンツを合わせて、気負わないエフォートレスな着こなしに。このようにメンズ系アイテムと合わせるとドレッシーに見えすぎないので、普段使いしやすくなります。今回は、相次いで提案されているサテンアイテムの今季流スタイリングのコツを探りました。

“脱エレガンス”なワンピースでこなれ感アップ

 艶めきを帯びたサテンワンピは見た目の印象が強いので、別のアイテムを合わせて全体のトーンを整えるコーディネートが効果的。ドレッシーになりすぎないよう加減すれば、着て行けるシーンが広がります。

 同系色のミリタリー風CPOジャケットを羽織ったスタイルを提案したのは、「アンスリード(UN3D.)」。ワンピースの上からオーバーサイズのジャケットを重ねて、のどかなたたずまいに。手まで隠れるロングスリーブとアシンメトリーな裾が動きを演出しています。

 2枚目写真の「ネーム(NAME.)」は、ワンピースの下にカジュアルなパンツをはいて、イメージを一新。ロング丈のワンピースとの相乗効果で、縦落ち感もアップ。どてっとした靴は意外性があって、クラシックなドレスにタフ感を添えました。

同系色の素材違いでムードを深く

 艶やかさが持ち味のサテンだけに、風合いの異なるアイテムとのミックスは光沢感を引き立てる効果があります。もふもふのフリースや柔和なニットは、サテンとの相性が抜群です。

 トレンドのラベンダーパープルでまとめたのは「ザ ケイジ(THE KEIJI)」。サテン地で仕立てたプリーツスカートにフリースジャケットを重ねて、異素材ミックスコーデに。ドレッシーなアイテムを適度にトーンダウンさせたい場合、フリースやブルゾンは重宝します。

 また、シャイニーな質感が特徴のサテンとマットな風合いのニットは、風合いの違いを際立たせるうえで絶好のパートナー。2枚目の「アメリ(AMERI)」は、全体の色味をワントーンで整えつつも上下で素材感をずらして、味わい深い装いに導きました。気品を漂わせるキーアイテムは、サテンが艶めきを放つワイドパンツ。あえてバルキー編みのニットセーターと合わせて量感の面でもめりはりを出しています。

ハンサムなパンツと合わせて、顔周りを“リモート映え”

 光を反射するサテンはトップスに迎えると顔周りがパッと明るくなるので、オンライン会議でも効果を発揮。“リモート映え”の切り札アイテムになってくれます。

 「セモー(SEMOH)」はシャイニーなブルーのシャツルックを提案。ダークカラーにまとまりがちな秋冬ルックにあでやかさを盛り込んでくれます。マットな質感の黒パンツと合わせれば、グラマラスとりりしさが交じり合うスタイリングの完成です。

 ドレープの陰影を深くしてくれるのもサテン生地のいいところ。2枚目の「マヌカンズジャポン(MANNEQUINS JAPON)」は、優美なシルエットのサテンブラウスでエレガンスを薫らせました。複雑に入り組んだドレープがレディーライク。ゆったり幅のワイドパンツに古風な帽子とネックウエアを添えて、レトロフューチャーな着こなしに導きました。

 サテン素材の上手な使い方は、ワンアイテムに絞ったピンポイント投入。残りのアイテムとの“ずれ感ミックス”が着こなしのムードを深くします。上品に華やぐ魅力を生かし、カジュアルなパンツやアウターと組み合わせるドレスダウンにも向いています。サテンウエアで艶めきをまとって、秋の着こなしのアップデートに役立ててみてください。

ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター 宮田理江:
多彩なメディアでコレクショントレンド情報、着こなし解説、映画×ファッションまで幅広く発信。バイヤー、プレスなど業界での豊富な経験を生かし、自らのTV通版ブランドもプロデュース。TVやセミナー・イベント出演も多い

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら