ファッション

アクセサリーブランド「ライオンハート」が拡大戦略 来年設立25周年に向けてリブランディング

 アクセサリーブランド「ライオンハート(LION HEART)」が、客層の拡大を目指してブランドの再構築を進めている。

 アメリカで1996年に生まれた同ブランドは当初、日本のビジネスをタイムレスが手掛けていたが、2012年に繊維商社のスタイレムが傘下に収めた。新宿マルイメン、有楽町マルイメン、阪急メンズ大阪の3店舗と卸に加えてeコマースで販売しており、4期連続で増収増益を達成して今年の上期もeコマースの売り上げが前年同期比25%増だった。

 今年7月、ジェンダーレスなアクセサリーブランド「エルエイチエムイー(LHME)」を発売。若年層を狙って、既存ラインの商品価格が平均2万円なのに対し、サージカルステンレスを素材とする「エルエイチエムイー」は平均5000円に抑えた。

 先ごろ、卸先とプレス関係者向けに初の展示会を開いたライオンハートの平井賢二社長兼スタイレム事業本部ガーメント事業部第2部部長は、「実店舗と卸、eコマースの各販路がうまく連動して売り上げは安定している。来年ブランド設立25周年を迎える中で、時代の流れに応じた変化が必要だ。既存のラインと『エルエイチエムイー』に加え、高級ラインも設けて3ブランド体制を整備し、『ライオンハート』独自のストリートカルチャーを幅広い客層にアプローチしたい」と話した。当面の売り上げ目標を10億円としている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら