ビューティ

「ソフィーナiP」美容液に「粉ふき」や「皮むけ」対応の濃厚保湿タイプが登場

 花王は11月7日、スキンケアブランド「ソフィーナiP(SOFINA iP)」から真冬の過酷な環境下でも潤いが持続する濃厚保湿タイプの美容液“ソフィーナiP インターリンク セラム(うるおい続く満ちたりた肌へ)”(55g、3800円、編集部調べ)を発売する。

 「ソフィーナiP」は多忙な生活の中で肌状態も心も揺らぎがちな現代女性に向けて2015年に誕生。人気製品の高濃度炭酸泡美容液“ベースケア セラム(土台美容液)”を昨年秋にリニューアルし、 同時に発売した“インターリンク セラム”(柔らかな肌へ、ハリ肌へなど4種)とのダブルセラムによる2ステップのスキンケアを提案する。「どんな時でも短期間でブレない美肌に。」のキャッチコピーで訴求し、“ベースケア セラム(土台美容液)”は3年連続、美容液売り上げ1位を獲得している(インテージSRI 美容液〈美白・シワ改善除く〉市場 2017年1月~2019年12月 ブランド別累計販売金額・個数)。

 “インターリンク セラム”はつっぱり感やくすみなど肌不調のタイプに合わせて既存4種を展開。新製品の“インターリンク セラム(うるおい続く満ちたりた肌へ)”は、粉ふきや皮むけなど“見た目乾燥”に悩む人に向けて開発。バリア機能を高めるユズエキスと潤いを密封する疑似角層ベールの形成により角層表面を滑らかに整える。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら