ビューティ

ヤーマンから“おうち美容”向け美容機器3アイテム連続発売

 美容機器のヤーマンは今秋、美容機器やコスメがそろう基幹ブランド「YA-MAN TOKYO JAPAN」から、“おうち美容”に向け美容機器3製品を相次いで発売する。新製品はヤーマン公式オンラインストアをはじめ、楽天市場店、PayPay モール店、全国の家電量販店(一部除く)などで発売する。

 ヤーマンは、コロナ禍においても、シェーバーなどカテゴリーによっては美容機器の需要が昨年を上回っているとし、「外出自粛によりサロンに通えなくなった人が、在宅時間が増えたことで“おうち美容”の機運が高まった結果とみている。当社は“美容機器が電動歯ブラシ並みの身近なものに”なることが理想だと考えているが、それに一歩近づいたのではないか」とブランド担当者。

 そういった状況を受け、同社は秋冬にかけて需要が増加するスチーマーに着目。「マスク着用で蒸れや擦れによる肌荒れが増加していることに加え、生活様式の変化などのストレスで肌が過敏になっている。これを“コロナ過敏”と名付け、スチーマーをはじめ肌状態を底上げするアイテムを提案する」。

 10月16日発売の毛穴ケアスチーマー「ブライトクリーン」(3万4800円)は“肌温度”に着目して開発。濃密なダブルスチームで肌の表面温度を約40〜42℃まで引き上げ、角質を和らげてその後のクレンジングやスキンケアをサポートする。また、最長7時間のロングモード機能を搭載し、仕事中や就寝中もスキンケアできるのが特徴だ。

 10月30日発売の、美肌菌(肌を健やかに保つ常在菌の一つ)に着目したスチーマー「フォトスチーマー」(7万2000円)は、4色のLED(フォト)を搭載。また、ベストコスメを38冠獲得したウェアラブルEMS美容器「メディリフト」シリーズから9月25日、第5弾となる新作「メディリフト プラス」(3万円)が登場する。第1弾と同様に印象を左右する“顔の下半分”に着目し、大小頬骨筋、咬筋それぞれに最適なEMSでアプローチ。同製品の進化ポイントとして、ワンタッチ装着(これまではツータッチ)や幅広バンドを採用してフェイスラインまでホールド、肌と電極の接地面積を約2.5倍に拡大しEMSの実感値は約30%アップしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら