ビューティ

資生堂とヤーマンが合弁会社設立 2021年に新ブランドを日本と中国で発売

 資生堂は8月6日、ヤーマンとの合弁会社設立契約の締結を発表した。合弁会社名はエフェクティム。資本金は4億9000万円で出資比率は資生堂が65%、ヤーマンが35%。梅津利信・資生堂執行役員が社長を務める。

 資生堂は2014年から続く中長期戦略で、他社の知見を融合させたビジネスモデルの構築を戦略の一つに掲げている。一方のヤーマンは、得意とする美容機器ビジネスを中心に日本発のグローバルブランド企業の確立を目指しており、両社の目的が合致した。

 エフェクティムは10月から事業を開始。まずは中国を注力市場と位置づけ、資生堂が持つ皮膚科学技術と、ヤーマンが持つ美容機器の知見と技術を生かした新ブランドを立ち上げる。新ブランドはエイジングケアや美容機器に関心がある消費者を対象とし、2021年に中国と日本市場で販売する予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら