ファッション

「ラルフ ローレン」が名古屋に新店舗オープン AKIRAが共同開発したスペシャルドリンクも

 ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)は9月18日に、愛知県名古屋市のレイヤード 久屋大通パーク内にコーヒーショップ、ラルフズ コーヒー(RALPH’S COFFEE)を併設した新たな旗艦店をオープンする。

 店舗は総面積約478平方メートルの2階建てで、店内はホワイトをベースにステンドウッドのウォールケースやダークメタルの調度品を配置した。「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」のメンズ、ウィメンズ、チルドレンラインを販売するほか、国内4店舗目の常設展開となるカスタマイズサービス“CYO カスタムショップ”を導入。プリント可能なウオーターボトルやポロベアなど名古屋限定のプリントデザインも用意した。

 東海エリア初出店となるラルフズ コーヒーは、久屋大通パークの立地を生かして開放感のある屋外テラス席を設けた。オリジナルブレンドのコーヒーや紅茶、本場ニューヨークのレシピで作るブラウニーやニューヨークチーズケーキなどを提供する。また同店限定のポロベアタンブラーも販売する。さらに、新店舗オープンを記念して「ラルフ ローレン」のグローバルアンバサダーを務める、EXILEのAKIRAが共同開発したスペシャルドリンクを先行発売する。数量限定でAKIRAがデザインしたオリジナルコーヒースリーブを付属し、スリーブにプリントしたQRコードにアクセスすると期間限定で本人からのスペシャルメッセージムービーを見ることができる。

■ポロ ラルフ ローレン レイヤード 久屋大通パーク、ラルフズ コーヒー レイヤード 久屋大通パーク
オープン日:9月18日
場所:レイヤード 久屋大通パーク
住所:愛知県名古屋市中区錦 3-16-12

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら