ビューティ

「アールエムエス ビューティー」から化粧下地とアイブロウが初登場 

 「アールエムエス ビューティー(RMS BEAUTY)」は9月30日、ブランド初となる化粧下地“マスターラディアンスベース”とアイブロウパウダー“バックブロウパウダー”を発売する。

 “マスターラディアンスベース”(15mL、4000円)は、ホイップクリームのような質感で、肌なじみのよいローズゴールドが自然な立体感のある艶肌を演出。ホホバオイルやチアシールドなど保湿成分を配合し、乾燥や環境ストレスから肌を守る。ハイライターなどマルチに使えるアイテムだ。メイクアップキッチン(MAKEUP KITCHEN)では9月16日から先行販売する。なお、ブランド創設者のローズ・マリー・スウィフト(Rose Marie Swift)による開発秘話や商品紹介を、ブランドの日本公式インスタグラムで9月16日にライブ配信する。

 “バックブロウパウダー”(3色、各2500円)は、クリーミーな質感で肌に密着しやすくナチュラルな光沢感と柔らかな毛流れを実現。ナチュラルベージュ、ウォームブラウン、ダークブラウンの3色をラインアップし、いずれも単色パレットの展開となる。また、アイブロウの誕生に合わせ、アイブロウブラシ“バックブロウブラシ”(2500円)も同時に発売する。コシのあるフラットな形状のブラシとスクリューブラシがついたダブルエンド仕様。アイブロウパウダーとアイブロウブラシは、一部店舗とブランドのオンラインストアで販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら