ニュース

「アヴェダ」最高峰のダメージケア「ボタニカル リペア」が誕生

 「アヴェダ(AVEDA)」は、同ブランド史上最高峰のダメージケアシリーズとなる新ヘアケア「ボタニカル リペア」を発売した。

 毛髪内部の損傷した結合に着目し、植物による“ボタニカル ボンド テクノロジー”を搭載。低分子の植物由来成分がコルテックスに浸透し、キューティクルと髪表面を覆う保護膜の双方にアプローチする。ダメージを補強・補修し、輝きに満ちた健やかな印象へ導く。

 「アヴェダ」調べによると、日本人女性の髪の悩みとして、約35%の人が“髪のダメージ”を挙げており、髪の強度への悩みは約37%と高かった。それで、これまでの“ダメージ補修”という切り口だけでなく、髪の強度を上げるケアや、ダメージにつながる他の要因をケアする、複合的でより高機能なケアへのニーズが高いことが分かった。

 「ボタニカル リペア」はグリーンテクノロジーに着目し、高機能なケアのニーズに対応するために6年の歳月をかけて開発。低分子のコーンシュガー由来成分がコルテックスに浸透し、髪を補強・補修。アボカド、グリーンティー、サチャインチによる3種のオイルブレンドが髪を滑らかにし、縮まりと切れ毛を防ぐ。髪本来が持つ保護膜に近い、「アヴェダ」独自のトウモロコシ・ココナッツ由来の擬似成分で外的要因から髪を保護する。

 ラインアップは、繊細なダメージヘアをぜいたくな泡で優しく洗うシリコン・サルフェート洗浄成分フリーのシャンプー、絡まりと切れ毛を防いで滑らかな髪へ導くシリコンフリーのコンディショナーのほか、トリートメントと2種のヘアマスクの計5種となっている。価格帯は3800~1万5400円。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら