フォーカス

ファッション × ビューティの「WWDジャパン」へ

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は今号から、“ONE WWD”を掲げてファッションとビューティの週刊紙として生まれ変わる。双方のチームが組み一つのものを作り始めて思う。「なんて好奇心を刺激されるのだ!」。ファッションとビューティの2軸を持つ人・ブランドは強く、掛け算は小さなマジックを生む。私自身、知っているようで知らなかった景色をさっそく見ている。(この記事はWWDジャパン2020年9月7日号からの抜粋です)

 一つの例は、伊勢丹新宿本店2階に展開中の「エルメス」のポップアップショップだ。同店は1階にも「エルメス」のブティックがあるが、ポップアップは若年層にタッチポイントを設けるのが狙いで、リップスティックの「ルージュ・エルメス」を核にスカーフやシルバージュエリーを販売している。ミレニアル層の新客を獲得し好調だ。「お客様はポーチに入れて持ち歩くことで高揚感を得られる小さな“オブジェ”とリップを捉えているようです」と伊勢丹新宿本店の大田彩MD統括部クロスMD営業部バイヤーは解説する。この“高揚感”こそ、掛け算によって生まれる一つのマジックだと思う。

 振り返れば百貨店は何度もこのような、ファッションとビューティを融合したコーナーや、相互送客のサービスにトライしてきた。が、成功しているとは言いがたい。満を持してビューティに新規参入した「エルメス」の好調は、クロスMDが本格的に進む期待をさせる。もちろん、「エルメス」にはブランド力があり伊勢丹には集客力がある。だからと言って別格と考えるべきではなくむしろ、“高揚感”を生むその戦略は多くのアパレルやビューティ企業にとって研究に値する。

この続きを読むには…
残り890⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら