ファッション

ジュエリーブランド「ハム」がエストネーションでポップアップをオープン 再生貴金属を使用したジュエリーや一点物を販売

 ジュエリーブランド「ハム(HUM)」は9月6日まで、エストネーション(ESTNATION)銀座店でポップアップショップをオープンする。同ブランドが2018年から取り組んでいる「リファイン メタル プロジェクト」のジュエリーを販売する。“リファイン メタル”とは、“都市鉱山”と呼ばれる携帯電話やPCなどの廃棄物から精錬された貴金属のことで、採掘された金や銀の代わりに“リファイン メタル”コレクションで使用されている。「ハム」は今年、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA以下、DSMG)でも期間限定で同コレクションを販売し、インスタレーションも手掛けた。

 エストネーションでは、一つ一つ風合いが異なる輝きを持つ工業用や内包物のある一点物のダイヤモンドジュエリーの販売やルースオーダーにも対応する。工業ダイヤモンドコレクションの価格は、28万5000~50万4000円。

 銀座店に続き、エストネーション六本木店でも同ポップアップを9月15~28日に開催する。六本木店では、ドーバーに引き続きオブジェや映像アートなどのインスタレーション行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。