ファッション

「ティファニー」がトレーサビリティーに本腰 新チーフ・ジェモロジストが就任

 ティファニー(TIFFANY & CO.)はヴィクトリア・ワース・レイノルズ(Victoria Worth Reynolds)=ティファニー・ハイジュエリー部門副社長をチーフ・ジェモロジスト(宝石鑑定士)に任命した。レイノルズ副社長は33年間ティファニーに勤務しているベテランで、退職するチーフ・ジェモロジストのメルヴィン・カートリー(Melvin Kirtley)の後任として副社長とチーフ・ジェモロジストを兼任する。ティファニーで初の女性チーフ・ジェモロジストになるレイノルズ副社長は、「夢がかなった。会社と多くの才能豊かな女性スタッフを代表できることを光栄に思う」とコメント。ロード・アイランド・スクール・オブ・デザイン(Rhode Island School of Design)で宝石学を学んだレイノルズ副社長の役割は、ティファニーが2019年に始めた0.18カラット以上のダイヤモンドに原産地証明を付けるトレーサビリティー・プログラムを率い、推進することだ。ティファニーはこのプログラムをさらに発展させた「ブリリアント・ダイヤモンド・キャンペーン」を行うことで、トレーサブルなダイヤモンドの調達を確実なものにし、今年後半からは、ダイヤモンドの生産国に加え研磨や加工など生産過程の情報を顧客に提供する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら