ビューティ

「サロニア」から初となる美顔器が誕生 エントリーモデルとしてシンプルケアを重視

 I-neが展開する美容家電ブランド「サロニア(SALONIA)」は8月19日、ブランド初となる美顔器「スマートモイスチャーデバイス」と専用の美容液「スマートモイスチャーセラム ベーシック」を発売する。価格は美顔器が1万2000円、美容液は2980円。販路は公式ECサイトや「楽天」「アマゾン(AMAZON)」などを予定している。

 美顔器は「サロニア」のブランドコンセプトである“BEAUTY is simple 続けられるキレイを。”に基づいて、毎日手軽に続けられるようにシンプルさにこだわった。「最近は多機能な美顔器も多く販売されているが、まずはエントリーモデルとして使っていただき、かつ続けられるように考えた」と多田美咲ブランドマネージャー。朝と夜の洗顔後の使用を基本に、美顔器はボタン一つで簡単に操作でき、モードも一つのみで3分で完了するシンプルケアを提案する。

 ポイントとなるのはイオン導入と超音波。イオンの力で保湿成分を浸透させ、肌の潤いをアップ。また1秒に300万回の振動で肌に刺激を与えながら保湿成分の浸透をサポートする。優しい振動と心地よい温かさで、マッサージ感覚の気軽さが特徴だ。 

 美顔器には見えないユニークなデザインにもこだわる。「女性の手でも持ちやすく、また自立式で置きやすい形状となっている。スタイリッシュなマットシルバーで洗面台にもなじみやすいカラーを採用。使用後は表面を拭き取るだけと、お手入れも簡単。また専用美容液は化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックの機能を兼ね備えた1本5役の多機能美容液。美顔器との相性を考えて成分を配合し、テクスチャーもたれにくいとろみのあるテクスチャーとなっている」。

 同社の調査(サンプル数1万4321)によると「美顔器を所有している」ユーザーは約20%にとどまる中、「美顔器に興味があるが所持していない」ユーザーは約31%と、所有者の1.5倍の潜在ニーズがあることが分かったという。そうした市場のニーズと、「値段が高い」や「使い続けられるか不安」といった声に応えられるように今回の製品開発を行ったという。「社内でもユーザーアンケートを実施し、どうすれば使ってもらえるかを調査し開発を進めた。『サロニア』の知名度を生かしつつこれまで美顔器を使ってなかったユーザーにアプローチしていきたい」。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら