ファッション

「オン」とロジャー・フェデラーのコラボが公開 世界1000足限定

 スイス発のランニングシューズブランド「オン(ON)」は7月6日、プロテニス選手で同ブランドのシニアメンバーでもあるロジャー・フェデラー(Roger Federer)と共同開発した新作スニーカー“ザ・ロジャー センターコート ゼロシリーズ”(2万4800円)を世界1000足限定で発売した。サイズはメンズ(25~32cm)とウィメンズ(22~26.5cm)をそろえる。

 フェデラーは2019年11月から同ブランドのシニアメンバーに加わり、投資家やアドバイザーとして製品開発やスポーツマーケティング、チームカルチャー醸成の分野においてサポートしてきた。

 初の共同開発商品となる今作は、従来のテニスシューズのシルエットを再解釈したミニマルなデザインのライフスタイルシューズ。フェデラーがトップテニスプレーヤーとして培ってきた知見をもとに、「オン」の世界特許技術“クラウドテック”などを用いて高いクッション性と推進力を持たせた。アッパーには軽量ビーガンレザーを用いて、一般的な天然皮革よりも環境負荷を約30%抑えている。

 フェデラーは「僕はこれまでにテニスプレーヤーとしてはもちろんビジネスなどでも多面的に活動してきたが、僕のテニス人生をこのライフスタイルスニーカーという形で統合することができたと思う。そして『オン』と共にそれを成し遂げられたことを誇りに思う」とコメントした。

 同アイテムは7月6日17時20分から「オン」公式サイトで抽選販売するほか、同日時からドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)およびEショップでも取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら