ファッション

「東京デザインスタジオ ニューバランス」が35周年の“M1300”をマーブルカラーにアレンジ

 ニューバランス(NEW BALANCE)のライフスタイルカテゴリーブランド「東京デザインスタジオ ニューバランス(TOKYO DESIGN STUDIO NEW BALANCE以下、TDC)」は、新作スニーカー“R_C1300 JP”を5月23日にオンラインで発売する。価格は2万2000円で、サイズは23〜29cmをそろえる。

 同モデルのベースとなった“M1300”はニューバランスが1985年に発売したランニングシューズで、ランナーのみならずファッションデザイナーら多くの文化人も愛用した。2月には35周年を記念して7代目となる復刻モデルが発売され、即日完売したほどの人気モデルだ。「TDC」が手掛ける新作では、オリジナルカラーである青みがかったグレーを絞り染めの技法でマーブル状に表現し、スエードのアッパーにプリントしている。ソールには独自のソールユニット“R_C4”が付き、安定性とクッション性を両立させた。アウトソールはグリップ力に優れたビブラム(VIBRAM)製だ。

 取り扱い店はニューバランスの公式オンラインストアのほか、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)やユナイテッドアローズ&サンズ(UNITED ARROWS & SONS)、ビームス(BEAMS)、ミタスニーカーズ(MITA SNEAKERS)などで、オンラインショップで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら