ファッション
連載 今、デザイナーができること

連載「今、デザイナーができること」Vol.14 赤坂公三郎「憧れを作り続けること。サステナブルな環境作りが大事」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中で不透明な状況が続いている。そんなときに、ファッションは何ができるのか。生産者から販売員まで業界全体が不安を抱えている状況に、ファッションデザイナーたちは何を思うのか。日々変化する状況に対応しながら、それでもファッションの力を信じ続けるデザイナーたちの声を連載で紹介する。今回は、米ニューヨークを拠点とする「コウザブロウ(KOZABURO)」の赤坂公三郎デザイナーが、クリエイション環境の変化を語る。

KOZABURO
赤坂公三郎デザイナー

Q.今、デザイナーができることは?

A.ファッションデザイナーとして、憧れを作り続けることだ。ウイルスによって自然環境だけではなく、安全や経済面でもサステイナブルな環境が求められるようになった。自分もその環境を整え、クリエイティブな物作りを続けていきたい。今は一人でスタジオ作業を行い、コラボレーターとはビデオや電話でのみ連絡を取り合っている。はっきりしない状況が続いているため、安直な行動は危険だと考えている。まずは事態を理解するために情報を集め、よりよい将来を切り開くためにできることを模索していきたい。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

拡大するサウナ経済圏 市場をつかむヒント

「WWDJAPAN」9月18日号は「サウナ」を特集します。サウナビジネスは温浴業界に限らず、ファッションやビューティ企業の参入が後を絶ちません。ここ最近はファッション企業各社が得意とするデザイン力を生かしたサウナアイテムが増え、サウナ好きはファッション文脈でも楽しんでいる傾向にあります。美容との親和性が高いビューティ企業も増えており、サウナ市場が活発化している今、マーケットの可能性に迫ります。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。