ビジネス

三越伊勢丹が地方7店舗の営業再開へ 39県の「緊急事態宣言」解除で

 三越伊勢丹は、39県における「緊急事態宣言」解除を受け、当該地域の7店舗の営業を順次再開する。対象となるのは仙台三越、岩田屋本店(福岡県)、岩田屋久留米店(同)、福岡三越が5月16日から、新潟伊勢丹、静岡伊勢丹、高松三越が18日から。

 いずれも全フロア営業に戻すが、取引先によっては再開日時点で休業を継続している売り場もあり、「(取引先との)合意が取れ次第、順次売り場を開けていく方針」(三越伊勢丹)。また、当面の間は営業時間を短縮する。仙台三越、岩田屋本店、岩田屋久留米店、福岡三越が午前10時半~午後7時、新潟伊勢丹、静岡伊勢丹が午前10時~午後6時。高松三越が午前10時~午後7時。

 営業再開に当たり、客と従業員のマスク着用と検温の義務付け、集中レジへの飛沫感染防止ビニールの設置、現金やカードの手渡し禁止、休憩所の閉鎖などの対策を取る。

 伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店など首都圏6店舗および地方の小型店の営業再開に関しては未定という。