ビューティ

中国の化粧品市場の研究・情報発信「チャイナ コスメティック ラボ」が設立 日本美粧協会が始動

 日本の化粧品ブランドの中国進出をサポートする日本美粧協会は、中国化粧品市場での日本のブランドの未来を研究する「チャイナ コスメティック ラボ(CHINA COSMETIC LAB)」(東京都)を設立した。中国市場の最新情報やブランドのマーケティング手法、日本ブランドが中国に進出するにあたり必要なノウハウなどを研究・発信する。

 メンバーは中国・遼寧省出身で日本美粧協会のカスタマーサクセス担当を務める秋山美雪が主席研究員、同じく遼寧省出身のShisei Yoがライティングリーダー、日本美粧協会のPRマーケターの古郡優が所長を務める。そのほか中国出身で日本美粧協会のカスタマーサクセス担当のMa Xiaochenや東京都出身でフリーライターの臼井杏奈をはじめとする7人が所属する。今後はノートで中国化粧品市場に関する記事の配信やイベントの実施、コミュニティーの運営を行う。

 日本美粧協会は一般社団法人として2019年3月に設立。中国での化粧品の許認可の取得や輸出入・物流の支援、ブランディング施策の企画運営などさまざまなサービスを通じて日本企業の中国進出をサポートしている。世界最大の化粧品展示会「チャイナビューティエキスポ」にもブースを出店し、協業ブランドの製品を紹介している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら