ファッション

「カリマー」が世界初の旗艦店を原宿にオープン アウトドア激戦区に名乗りをあげる

 イギリス発アウトドアブランド「カリマー(KARRIMOR)」は4月6日、世界初となる旗艦店「カリマーストア ハラジュク(KARRIMOR STORE HARAJUKU)」をオープンした。当初は4日にオープンする予定だったが、東京都が発表した新型コロナウイルス感染防止に伴う週末の外出自粛要請を受けて6日に変更。しかし、7日に安倍晋三首相が緊急事態宣言を発令し、8日から5月6日までの一時休業を決めた。

 店舗面積は120平方メートルの1フロア構造。ブランド発祥の地であるイギリスを想起させるレンガ造りの什器をはじめ、グレーをベースとした空間に、アルピニズムレーベル“アルティメイト(ULTIMATE)”、ファッションレーベル“アスパイア(ASPIRE)”、ライフスタイルレーベル“ライフ(LIFE)”、トレッキングレーベル“エクスプローラー(EXPLORER)”の全4レーベルのフルラインナップが並ぶ。アイテムはほぼ日本企画で、国内客と合わせて外国人顧客の獲得も目指す。

 オープンを記念し、同店限定アイテムとしてブランドロゴをあしらったTシャツ(6300円)とトートバッグ(4900円)、ショルダーバッグ(3300円)をそろえる。またトラックメーカーの故Nujabesとの協業で知られるアーティストUyama Hirotoとのコラボプロジェクトもスタート。第1弾はUyama Hirotoが登山中に想到したという、「カリマー」のために手掛けた楽曲「Extension」を収録したレコードを、店頭で1万2000円以上の購入者に先着で配布する。

 同店は東京メトロ・明治神宮前駅から徒歩数分で、明治通りから1本入ってすぐの場所に構える。付近には、明治通りに「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」や「グレゴリー(GREGORY)」「サロモン(SALOMON)」、キャッストリートに「コロンビア(COLUMBIA)」や「ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)」「パタゴニア(PATAGONIA)」などの店が集まるアウトドア激戦区だ。

■KARRIMOR STORE HARAJUKU
住所:東京都渋谷区神宮前6-16-18 サンドー原宿ビル2F
営業時間:11:00〜20:00
定休日:不定休

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。