ファッション

美より過酷が琴線に触れる エディターズレターバックナンバー

※この記事は2019年10月28日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

美より過酷が琴線に触れる

 今週はフランスに来ています(笑)。「ジェイエム ウエストン(J.M. WESTON)」の工場取材です。昨年は「ボルサリーノ(BORSALINO)」、そして今年はこの「ジェイエム ウエストン」で感じましたが、工場取材では、最高級の素材に触れるより、精緻なクラフツマンシップを目の当たりにするより、「この値段の価値あり!」と実感する場面がありますね。工程の中で、比較的「過酷」な場面です。

 たとえば今回の「ジェイエム ウエストン」では、靴底に使う牛革のベジタブルタンニンなめし。食肉用の牛の革を数カ月間レアなまま寝かせ、それを10週間かけてじっくりタンニンに漬ける過程は、正直靴の美しさとは別世界の、ニオイ、虫、タンニンによる汚れなどが不可避の空間でした。靴底に用いる耐久性を求められるレザーは、ものすごく重い。10人で年間6000〜7000枚を生産しているという職人の皆さんには、頭が下がります。

 昨年伺ったイタリアの「ボルサリーノ」の工場では、羊毛を原料とするフェルトを成形する過程で、ハンパない熱&蒸気と格闘する女性職人に感服しました。僕なんか近寄れないくらいの(男性は逃げ出す傾向があるそうですw)、超高温多湿状態を生み出している“鍋”の前で、熱湯からフェルトを取り出し、耐久性を高めるために揉み込むのです。

 いずれも、美しさや耐久性のために、昔から行われている技法を、最新の技術は取り入れつつも、変われないところはかつてのまま継承しているから、過酷な工程は避けられない。10万円くらいの靴、4万円〜の帽子が生まれるには、彼らの汗が欠かせないことを知り、感動し、「コレには、この値段の価値がある」と思ったのです。

 私たちメディアは、こういう側面を伝え、ストーリーにしなくては、ですね。今回も、そのレザーを「戦利品」と語るプライド、「ボンジュール」と語りかけてくれる職人の優しさ、そして、耳栓やヘッドホンが欠かせない騒音に溢れた環境。味気ない生産現場との違いを、肌身を持って感じました。工程とかウンチクとかは、正直、どうでも良いのかもしれない。私の琴線に触れた価値を、皆さまに、実感を込めてお伝えしたいと思います。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターを週3回配信するメールマガジン。「WWD JAPAN.com」が配信する1日平均30本程度の記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDジャパン」と「WWDビューティ」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在7種類のテーマをお選び頂けます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら