ファッション

「サロモン」が渋谷・原宿エリアに直営店オープン 世界初のスニーカーの売り場も

 アメア スポーツ ジャパンが手掛ける「サロモン(SALOMON)」は、国内5店舗目となる直営店「サロモンストア 東京 渋谷」を3月20日にオープンする。場所は明治神宮前駅からほど近い明治通り沿いで、渋谷・原宿エリアへの直営店の出店は1980年代のスキーブーム以来となる。

 1階と地下1階の2層構造で、売り場面積は計107平方メートル。1階ではパフォーマンスラインのシーズンアイテムを取り扱い、春夏はトレイルランニングやロードランニングなどを、秋冬はスキーをはじめとしたウインタースポーツ用品をそろえる。

 地下1階はブランドの直営店としては世界初となる、歴代のパフォーマンスシューズを日常でも履くことができるようなデザインにアップデートした「サロモン スニーカーズ(SALOMON SNEAKERS)」の売り場だ。元祖トレイルランニングシューズ“XTウィング(XT-WINGS)”(1万9000円)や、人気のトレイルランニングシューズ“スピードクロス(SPEEDCROSS)”(1万8000円)をベースとしたモデルが並ぶが、2018-19年秋冬からスタートした一部のセレクトショップ限定で取り扱うファッション性の高いライン“サロモン アドヴァンスド(SALOMON ADVANCED)”は販売しない。

 「サロモン」は、2016年頃から年々ファッションシーンでの人気が高まっており、渋谷エリアへの出店は数年前から計画していたという。

 オープンを記念して1階には、21年の発売をめどに開発が進められているサステイナブルシューズを約1カ月間展示する。同シューズは100%TPU素材で作られ、回収した後にスキーブーツへと生まれ変わる“循環型”を目指す。

■サロモンストア 東京 渋谷
オープン日:3月20日
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休
住所:東京都渋谷区神宮前6-18-14 J.S 神宮前

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら