ファッション

「サロモン」が渋谷・原宿エリアに直営店オープン 世界初のスニーカーの売り場も

 アメア スポーツ ジャパンが手掛ける「サロモン(SALOMON)」は、国内5店舗目となる直営店「サロモンストア 東京 渋谷」を3月20日にオープンする。場所は明治神宮前駅からほど近い明治通り沿いで、渋谷・原宿エリアへの直営店の出店は1980年代のスキーブーム以来となる。

 1階と地下1階の2層構造で、売り場面積は計107平方メートル。1階ではパフォーマンスラインのシーズンアイテムを取り扱い、春夏はトレイルランニングやロードランニングなどを、秋冬はスキーをはじめとしたウインタースポーツ用品をそろえる。

 地下1階はブランドの直営店としては世界初となる、歴代のパフォーマンスシューズを日常でも履くことができるようなデザインにアップデートした「サロモン スニーカーズ(SALOMON SNEAKERS)」の売り場だ。元祖トレイルランニングシューズ“XTウィング(XT-WINGS)”(1万9000円)や、人気のトレイルランニングシューズ“スピードクロス(SPEEDCROSS)”(1万8000円)をベースとしたモデルが並ぶが、2018-19年秋冬からスタートした一部のセレクトショップ限定で取り扱うファッション性の高いライン“サロモン アドヴァンスド(SALOMON ADVANCED)”は販売しない。

 「サロモン」は、2016年頃から年々ファッションシーンでの人気が高まっており、渋谷エリアへの出店は数年前から計画していたという。

 オープンを記念して1階には、21年の発売をめどに開発が進められているサステイナブルシューズを約1カ月間展示する。同シューズは100%TPU素材で作られ、回収した後にスキーブーツへと生まれ変わる“循環型”を目指す。

■サロモンストア 東京 渋谷
オープン日:3月20日
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休
住所:東京都渋谷区神宮前6-18-14 J.S 神宮前

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。