ファッション

大迫傑が「東京マラソン」で日本新記録 ナイキの新作厚底シューズが足元を支える

 3月1日に開催された「東京マラソン 2020」で、大迫傑選手がナイキ(NIKE)の新作厚底シューズ“エア ズーム アルファフライ ネクスト%(AIR ZOOM ALPHAFLY NEXT%)”を着用し、自身が2018年に記録したタイムを21秒上回る日本新記録の2時間5分29秒で日本人トップの全体4位に入った。今大会は、東京2020オリンピック・パラリンピック日本代表選手の選考も兼ねており、8日に行われる「第75回びわ湖毎日マラソン大会」で大迫選手の記録を上回る選手が現れない限り、大迫選手が代表に内定する。

 “エア ズーム アルファフライ ネクスト%”は、ナイキが17年から発表している厚底シリーズの4代目となる最新作。前足部にナイキを代表する「エア」に着想した「ズーム エア ポッド」を搭載し、ミッドソールにはカーボンファイバープレートを内蔵するなど、従来モデルと比較しクッション性や反発力が大きく向上したシューズだ。昨年10月には、ケニアの男子フルマラソン選手エリウド・キプチョゲ(Eliud Kipchoge)が人類初の“2時間切り”となる1時間59分40秒を達成した際に、同シューズの試作品を履いていたことでも話題になった。また、同シューズをはじめとしたナイキの厚底シリーズを着用した選手が、世界記録更新など軒並み好タイムを記録したことを受け、ワールドアスレチックス(世界陸連)が厚底シューズの機能を規制する新ルールを設けるなど、ランニングシューズ市場で大きな関心を集めていた。

 今大会では大迫選手のほか、日本人では井上大仁選手が同シューズを着用。大会2連覇を果たしたビルハヌ・レゲセ選手や2位のバシル・アブディ選手、設楽悠太選手、女子優勝のロナー・チェムタイサルピーター選手は箱根駅伝で注目を集めた前作“ズームX ヴェイパーフライ NEXT%(ZOOMX VAPORFLY NEXT%)”で臨み、女子日本人トップの10位に入った山口遥選手はアシックス(ASICS)のシューズだった。

 大迫選手はゴール後、「ずっと狙っていた大会で、勝ちたいという気持ちだけでやってきた。非常に苦しい戦いだったが、しっかりと走れてよかった。『びわ湖』の結果次第だが、自分自身ではベストを尽くせたので、あとは待つだけ。五輪が決まれば、元気を与える走りをしたい」と涙をにじませながらコメント。東京2020の男子フルマラソンには3選手が出場予定で、昨年9月に行われた「マラソングランドチャンピオンシップ(Marathon Grand Championship)」で中村匠吾選手と服部勇馬選手が代表に内定している。

 なお“エア ズーム アルファフライ ネクスト%は”、特定のランナーを対象に本日から販売されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら