ファッション

「マルニ」の風呂敷スカーフから新作 アーカイブプリントを熟練職人が染色

 「マルニ(MARNI)」が展開するマルニ マーケット(MARNI MARKET)は、3月20日に“フロシキスカーフコレクション(FUROSHIKI SCARF COLLECTION)”の新作を発売する。阪急うめだ本店3階の「マルニ フラワー カフェ(MARNI FLOWER CAFE)」で販売するほか、オンラインでは阪急阪神百貨店公式通販サイトで4月3日12時から発売する。

 “フロシキスカーフコレクション”は、創業465年を迎える京友禅の老舗、千總(ちそう)グループのエス・ニシムラとのコラボレーションにより誕生。「マルニ」のアーカイブプリントをデザインしたフロシキスカーフ(7500円)とバンダナ(3700円)をラインアップする。京都・伏見にある大正2年創業の染色工場の熟練した職人が、手捺染(てなっせん)という手法で丁寧に染め上げて「マルニ」の鮮やかな発色を実現しているのが特徴だ。素材には軽やかな薄手のコットンローンを用いており、スカーフやアクセサリーだけでなくエコバッグやテーブルクロスとしても楽しむことができる。またロゴ入りスリーブでパッケージしており、ギフトアイテムとしても提案する。

 新色はフロシキスカーフから1色、バンダナから4色発売し、鮮やかなグリーンとモノトーンのドットをミックスしたパターンや、ポップな星モチーフをちりばめた夜空の柄、ピンクベースのロマンティックなフラワープリントなどをそろえる。

 マルニ マーケットは2015年に南米コロンビアの女性の就業支援を目的としてスタートした。収益の一部は慈善事業に寄付している。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら